So-net無料ブログ作成

されています日本ドラマ


平清盛は、生物が枯てていく時の色で(日本ドラマ DVD)映像担当者はうつ病ではないのか?

ああいう色合いを好む人、作る人はもちろん、どこか脳がうつ病的な人だと思います。
また、当時の日本はあれくらい汚かったのだと納得されている人は、すでに製作者に洗脳されています。
昔の朝鮮のようなイメージです(今は違うのだから韓国の方、怒らないでね)

私は花を育てて、花の鮮やかな色を集めるのが好きですから、余計強く思うのですが、桜の花が色素が失ったような色で驚きました。

和歌とかのイメージからも、昔の日本人は今の日本人より、家々で花を愛でたりして、もっと清潔で小奇麗なイメージがあり、もっと鮮やかな生きている色なのです。
(武士は切腹するときは、白装束に着替え、女性の日本ドラマ DVD BOX場合は死んだ後に足が乱れてないように足首を縛ったぐらい、今の日本人よりも、なんと言うか丁寧で几帳面で、"きれい好き"なのです)

ナチスの病的な時代を見る者に伝えるために、映画シンドラーのリストは白黒で、(これからは血の通った時代なるという象徴的な色として)赤い原色のバラの花がラストシーンにだけ使われました。

最近の日本には、うつ的な人が多くなっているから、気にならない人も多いのでしょうし、そのほうを好む人もいるでしょう。

ぜひあの色合いが"好きだ~!”好んで”見たい!"という人は、脳にうつ的な症状がないかチェックされてはいかがでしょう。
また自分が、そういう色を好んだ時期を思い出してみてください。(紫日本ドラマ 激安色を好む人は家族に病人がいると言われたりします)

私は、今回のドラマは、配役も脚本も良く出来ていると思いますので、ドラマは我慢してみてますが、不潔なシーンがありすぎて、脳に怒りがこみ上げてきます。(マツケンの衣装は雑巾レベル、着物を最後は雑巾にして使っていたから)

あの映像で、何か日本人へのサブリミナルな効果も狙っているのかと、最近のNHKがやっている事をかんぐりたくなるくらいです。

もしかしたらあなた自身にうつ病の気があるのではな日本ドラマ 販売いでしょうか。質問文を読んでふと思いました。

まぁあの映像は万人受けするもんじゃないでしょう。私はコーンスターチを使いすぎだと思いました。

汚い、陰気だ、史実に即さない、あんな風俗はでたらめだ。おっしゃること同感でありますが、この色彩感覚に、見覚えがない、とは言わせません。これは今に残る古典美術品の色あせた佇まいそのままのものですね。あの保元平治物語絵巻や伴大納言絵詞の制作当時とは違う今の錆びた味わいをモチーフにこの大河では今まで見たこともないような映像表現を展開させつつあります。

これは昨年も一度だけ登場しており、驚いたのですが、もはやイミテーションの安っぽさもあらわとなり、甲冑や武具にも、リアルを感じられなくなってしまった時代劇に、このような年季の入った時間を感じさせる表現に気付いたことは、称賛されるべきことです。いづれ合戦の場面となった暁、その生々しさに目を見張ることになるのではと期待しています。

まだドラマとしても、映像としても不安定で乱れることも多いですが、目ざしているものはそこでしょう。

ハッキリ言いますが史実をドラマで再現することは不可能で日本ドラマ 通販す。本物を見せなければ本物は描けない。イミテーションに本物らしさが出るなら、美術館に行く必要はありません。平安の人々の暮らしにあったものはとてつもない一級品の構成する美の世界です。

ドラマとは理想ではなく、表現としての制約の中での駆け引きなのです。目ざすものを手に入れるために試行錯誤し、工夫を重ねるものでしかない、という事なのです。そして新しく価値あるものを見せたいという情熱が、かく有らしめているのだという事に、気づいていただきたいと思いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。